So-net無料ブログ作成

仕事として成立する目安 [起こし系お仕事]

「未経験でも、初心者でも大丈夫」といった募集がたまにありますし、「入力が早いのでやれると思います」という人もいたりします。

もちろんそれなりにタイピングの速さは必要ですが、むしろ聞き取る耳(聞き取れる装置)と語彙力と検索能力が重要だと思います。
音声起こしの速さには限界がありますから、単価とタイピングや検索をトータルした作業スピードで収入が決まります。

何年かこの仕事をやってきましたが、得意な分野、録音状態が良い等、かなり好条件のそろう音声の場合で1時間で20~25分起こせます。

作業は1時間中、48分入力12分休憩というサイクルでやります。120分連続で入力していても、集中力が落ちて結局効率は悪くなるので、強制的に中断するようにしています。音声の条件が悪かったり、難しい案件だと1時間で10分起こせないこともあります。

聞き直しと自己校正で、確認事項の多い案件では音声の2倍くらいの時間を使います。

トータルすると、標準的な案件では音声の5~6倍の時間が必要です。

クラウドソーシングで音声起こしを受注する場合は、それくらいの時間を見込んで応募と時給換算をしてください。一般的な起こしの会社やグループの下請けでやる場合と比較して、クラウドソーシングの単価は安いです。作業内容に見合っていない発注金額も多いです。30分の音声を600円程度で募集をかけている例もあります。

しかも初めて挑戦する方で、起こし用の機能があるソフトをもっていない場合は、音源の10倍以上の作業時間が必要な可能性が高いです。

慣れている人で音声の5~6倍の作業時間、不慣れな場合は10倍程度の作業時間を見込んで、報酬金額を

1分30円程度で60分を受注する場合、合計は1800円。システム料を引かれて収入になるわけですが、作業時間を4~6時間程度と見込んだ場合の時給は、天引き前で300円~450円ですね。

音声起こしの作業が性に合うのでしたら、トレーニングとしてクラウドソーシングでお仕事を受けるのはありかと思います。

ただ、慢性的に人材不足なので、募集は定期的に見つけることができます。ある程度のスキルが身についたら、そうしたトライアルを受けて仕事を受注するようにしましょう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。